人気ブログランキング |

<   2017年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 2017年、始まりました。と思ったらあっという間に1月も終わりに近づいています。
年末年始でふと思い立ったことを、実現できるように、言葉にしてみようと思います。

 「富士山に登ってみたい。」

 昨年末、娘と二人で鎌倉方面に出かけました。
 
a0326554_09252308.jpg
 とてもいい天気で、富士山が美しかった。出発直前まで行こうか、やめるか迷っていた旅でしたが、行ってよかったです。

 お昼休み、山ガール達のお話を聞くうちに、私も行ってみたい。と思っていました。が、いきなり富士山に登りたい。と思ってしまう自分にちょっとびっくりしつつ、実現できたらいいなあ。

 手始めに、自宅の階段の昇り降りをしてみましたが、10往復で息が切れてしまいました。運動不足です。
                    
a0326554_09253091.jpg
 日々表情が変わる山々、眺めているだけでも楽しいです。
                
                               江尻

by rinyuhome | 2017-01-27 10:06
先週の日曜日(1/15)松本市景観シンポジュウムに参加しました。
a0326554_21205770.jpg
第一部では、平成28年度“松本市景観賞”の授賞式が行われ、今年は公共性が高いという観点から『上高地のバス停』が最優秀景観賞に選ばれました。
今までは、デザイン性が重要視されていましたが、こんなに身近な、そして解りやすい建築が選ばれたことにとても驚きました。
a0326554_21212360.jpg
その他は、知人の設計者の作品が何点も入賞していて、これも驚き!! また多くの作品が木造の建物であることが、とっても喜ばしく感じました。
松本の景観には木がとても合いますよね、自然にやさしく馴染みます。
a0326554_21213197.jpg
a0326554_21213661.jpg




 第二部の景観フォーラムでは、計画が進んでおります三の丸・博物館(城内から移転)をテーマに、建築家の香山嘉夫先生の基調講演、そして建築士会の研究発表があり、最後に『博物館に期待するもの』についてパネルディスカッションが行われました。その中で印象深かった発言は、松本 猛さん(安曇野ちひろ美術館前館長)の『てんこ盛りの博物館はいらない!! 特化した・個性ある・絞り込んだ博物館にすべきだ 』という意見でした。そのとうりだと思いますし、何か 私たちの仕事でも学ぶべき点があるように思いました。建築の話が盛り沢山だったせいか、充実した日曜の午後でした。



穂苅正裕

                                                                                


by rinyuhome | 2017-01-24 19:35
先日の休みの日の夕飯のおかずを紹介します。

昨年漬けた野沢菜がそろそろ終わりになり最後に野沢菜を塩出しをして

野沢菜炒めを作りました。鍋に油を入れ野沢菜を炒めて顆粒だし、酒、砂糖、お醤油

で味を付けて少し煮て完成です。
a0326554_18130559.jpg
二品目はうの花です。八百屋さんで300gで90円のおからとあぶらあげを購入しました。

朝から干しシイタケを水に入れ戻しておきました。人参、干しシイタケ、こんにゃく

さつま揚げ、ちくわ、油揚げ、長ネギ、を千切りにして材料を油で炒めて味付けをして最後におから

を入れて完成です。
a0326554_18124200.jpg
おからは豆乳の絞りかすですが、食物繊維やカリシウムをたっぷり含んでいて、たんぱく質

や炭水化物、カリウム、も含んだ食材でヘルシーフーズの中でも注目を集めています。

おからの食物繊維は「セルロース」という水に溶けないタイプのもので、このセルロースは

腸のぜん動運動促してくれるので便秘の解消にもなり腸内残留物を掃除してくれてます。

安価でローカロリーです。ぜひ作ってみて下さい。

最後は私のお客様が作られた布の草盆栽です。「モクレン」になります。

とても素敵だったので写真を取らせて頂きました。
a0326554_18132696.jpg
せっかく卯の花と野沢菜炒めを作ったのでおやきでも作ろうと思っている

                宇佐美雅子でした。






































by rinyuhome | 2017-01-21 18:45
子供の冬休みの最後に地域行事「三九郎」に参加してきました。

小学生の娘は、朝から町会を歩き回り松集め、そのまま三九郎づくりに参加。
昼過ぎに「疲れたー」と帰ってきました。
その後、お昼を食べ一息つくのもつかの間「繭玉づくり」
楽しみながらやっていましたが、小学生もなかなか大変です。(笑)

夕方からは雪が降り始め、あっという間に午前中準備した三九郎は雪だらけ!
a0326554_09003590.jpg

雪と三九郎を焼く炎に子供たちの声が混じる中、昨年からより逞しく成長してる子供たちの姿を実感し、なんとも言えない微笑ましい雰囲気で冬休みの終わりを迎えました。
a0326554_09001711.jpg
a0326554_09002695.jpg

自分の子供のころから、随分世の中の流れや環境、考え方も変わってきましたし、子供の人数も大分少なくなったと実感します。

行事を支える大人たちも忙しく大変ですが、子供行事や昔からの慣習・風習、伝統など「楽しむ」積極的に参加すると地域が活発になっていくかなと感じながら、子供たちにパワーをもらった1日でした。

高山 忠勝



by rinyuhome | 2017-01-10 09:16